ヴィッセル神戸アウェイ観戦ツアー2017~大宮の陣~①

実は2月にバルセロナに行ってきたんですが、その記録を記せないまま、今日から次の旅に出ています…
そう、まさに今、旅行中。
on the trip just now。
もうこれ以上、課題がたまるのは避けたいので、今旅では新たな試みにトライしようとしています。
それはズバリ、ツイッターを手動で連動して旅行記にしてしまうという、名付けてセルフツイログ旅行記計画!
でもまんま載せたんじゃ芸がないので、追記を織り交ぜつつ、メインは呟きで。

てなわけで行ってみよーう!

2017年4月7日(金)

#朝イチの便で東京到着!早速エスカレーター左右逆洗礼を受けるという、関西人あるあるぶちかましちゃったよね。
ちなみに今なんかスカイマーク乗ったら、スカイマークとキットカットのコラボキットカットが配られてるみたいなんだけど、爆睡してて逃してしまいました。5時起きの祟り。

羽田空港到着後、モノレールに乗り込んで最初の目的地に向かう最中、通りかかった大井競馬場前駅のホームに大々的に掲げらていたポスターに既視感を覚える。

#ブルゾンちえみ with Bを美化してみました。
的なやつだよ、これ!
既視感解決。

一旦、宿の最寄り駅行ってコインロッカーに荷物預けたのち、軽く迷子になりつつ…
#今、我が国で開催されてる展覧会で、一番行くべきやつ!デヴィッドボウイ展!

中は撮影禁止だったのが残念ですが、とにかく凄いボリューム!
大体2時間半くらいで考えてたけど、全然足りなかったー!!!
映像にグラフィックに衣装に解説文に音楽に。
しっかり堪能しようと思ったら、最低3時間は要る!!
しかし、デヴィッドボウイに関してはメジャーなヒット曲たちと、派手なメイクと衣装と、ジェンダーレスな存在感、それくらいの上っ面情報しか知らない身で行きましたが、全然楽しめた!
欲を言えば、もっと時間に縛られずに半日くらいかけてディープに堪能したかったぜー。
あと今気づいたんだけど、某画面を提示したらオリジナルステッカー貰えるキャンペーンやってて、せっかく用意してたのに、提示するん忘れてたー!ステッカー貰い損ねたー!ガッデム!!

続いて、個人的に東京旅行ではお馴染みになりつつある六本木に移動し…

‪#念願のスヌーピーミュージアム(*´꒳`*)‬


‪やっと来れたーー!!‬



#そして朝からロクに食っておらず、カフェブランケットでよーやく飯にありつけたのが15時っていう…(^_^;)

で、ここで恐らく今旅最重要となろう、ある決断に迫られる。
それは、予定していた品川アクアパークに行くのか、それを蹴って本日より開催のマーベル展に行くのか。
遡ること数日前、マーベル展が大阪に来ないという情報をキャッチ。
今回の旅とマーベル展が被っていることは前々から気づいてたけど、ま、大阪で行けばいいし!というつもりが、全ておじゃん。
一応会期中もう一度東京には来るけど、次回はディズニーメインの為、盛り込むのは絶対不可能!
まぁもしかしたら、追加日程で大阪来るかもしれないけど、保証はないし、スターウォーズ展ほどの盛り上がりは無さげだから、マジで採算取れないと踏まれて大阪来ないかもしれないし…と、悶々と考えたのち、友人にすまん!と謝ることに。


#夕方からの予定を急遽ドタキャンしてまでマーベル展初日に乗り込む、俺のマーベル愛!
その愛に我ながらちょっとびびりつつのマーベル展(笑)
完全に友情より愛に走った選択(笑)



明るい時間から、陽が落ちるまでしっかり堪能した!
溢れんばかりのマーベル愛!笑



ちなみに友人はそのまま予定通り品川アクアパークに行って夜のイルカショーを堪能しておった。
こーゆー我儘な単独行動を許してくれる友人にまじ感謝!
ありがたい旅友であるし、こーゆーフリーダムに楽しめる旅ができるので、彼女とはずっと定期的に旅行したいと思う!

#マーベル展の隣でやってたN・S・ハルシャ展~チャーミングな旅~では、マーベルに対抗するかのように、こそっとこんな人たちが紛れていた…

そう!バットマン&スーパーマン!フロムDC!

ちなみにハルシャ展、個人的にはとっても良かったです!

特にコレは結構直に見るとうーわー!と、感激します。
全長24メートルの一筆書きのような宇宙空間!

近づいて見ると、満天の星たち!


あと、これもユニークで面白かった。
寝転がって見上げるアート。
そこには、顔&顔。

‪#朝5時起きで大移動しまくった旅の疲れと、完全に不要だったヒートテックに蒸された暑さで、生ビールが今年イチ美味いっ!!‬

やはり疲れと暑さは、ビールの美味さを最大限に引き出す二大要素である。
…というわたしの麦酒論で、1日目は幕を閉じようと思う。


#71 さよならバイスタンダー/YUKI

ハッピーバースデー トゥ ミー!!
とゆうことで、本日は万博のエキスポシティに行ってきました。
ずっと行きたかった念願のニフレル!
…ではなく、オービィ大阪で遊んできた。
いや、色々調べてたら、オービィ大阪に興味出てきてさ。
まぁ平日とはいえ、自分の誕生日はエンタメ施設にとってはそこそこ繁忙期なのは分かっているので、知名度高いニフレルは避けたというのもあるけど。
でもニフレルも年内には行こうかな!とは思っておる。

さて、本題の今日の一曲の件。

さよならバイスタンダー/YUKI

敢えて自分の誕生日に今日の一曲として取り上げたのはずばり、34歳のテーマ曲になる予定だからです。
LINEの一言にも、昨日までオスカー・ワイルドのシビアな名言『深刻になるのは、浅はかな人間の逃げにすぎない』を掲げてたんだけど、今日『さよならバイスタンダー』に変更したぜ!
自分の人生における、たった一度の34歳という一年のテーマ曲。
さよならバイスタンダー。

避けたいのは傍観。
心がけたいのは責任。
自己の成長に必要なマインドは、アウトサイドインじゃなくてインサイドアウト。
行きたい場所に行く。
繋がりたい人と繋がる。
待っててもしょうがない。
受け身でいる方がラクだけど。
自分から動かないと何も変わらない。
自分の世界を動かすのは、自分だ。


『川沿いを走る電車の音
うつむいて咲く向日葵の色
夕焼けがしましまのボーダーになる
「ありがとう」って君が言うたんび
泣きそうな気持ちになるのはなんでだ
子供みたいにさ
涙なら冷蔵庫に置いてきたはずだ
勝ってうれしい はないちもんめ あの娘がほしい

さよならバイスタンダー 僕らは歩いて行く
この道行きの最後が 天国か そこらじゃあないとしても
ただの君と笑って立っていたいよ
誇らしさとか 願いとか 希望とか
もっと ずっと 持ち合わせとくよ
こわくて こわくて こわくて沈みそうでも
あの娘に誓うよ

錆びついて壊れてるシェルター
何度でも隠れてみたけど
頭隠して尻隠さずってやつさ
当たり前は当たり前じゃない
才能は途中で生まれない
何故か最初から決まってる
額から汗が流れて目に沁みて痛い
負けてくやしい はないちもんめ あの娘じゃあわからん

さよならバイスタンダー 今まで歩いてきた
つたない文字の無邪気な足取りが 間違いだらけだとしても
夜は明けた 大きな声で叫ぶよ
慎ましさとか 孤独とか 空しさを
もっと知って愛されていくよ
こわくて こわくて こわくて投げ出したくても
僕は 僕に誓うよ

さよならバイスタンダー 僕らは歩いて行く
この道行きの最後が 天国か そこらじゃあないとしても
ただの君と笑って立っていたいよ
誇らしさとか 願いとか 希望とか
もっと ずっと 持ち合わせとくよ
守るよ 守るよ 僕の全てを捧げ
目の前の君に 誓うよ』

傍観者で後悔するくらいなら、当事者で後悔するほうを選ぶ。
さよならバイスタンダー!

追い風が吹いている

今、はっきりと自分の人生に追い風が吹いているのを感じている。
こんな感覚はもう10年以上ぶりな気がする。
しかも、過去に記憶している追い風より、しっかりと地に足がついた追い風。
こんなに未来がポジティブに輝くもんなのか!

正直、戸惑いもある。
何も考えずに本能の赴くままにフワッとその風に身を任せてしまえばいいのに、いざ追い風を感じたらちょっと足がすくんでしてしまって、YESと即答できなかったけど。
いずれにせよ今月中にはYESと言っている自分はいるんだろう。

近年、何度か岐路に立たされる場面があって、その度毎回不安の方が勝っていて、選ぶ道が闇の中にあるような気がして自信がなくて、期待がないわけじゃないけど、どうしてもネガティヴな思いが強かったんだけど。

今回はいつもと違う。
もうポジティブな想像しかできない。

今までの選択の集大成が今回の岐路に繋がっていたな、とさえ思えてる。
遡ったらもう、7~8年くらい前かしら。
あそこからスタートしたあみだくじの線が、こんな追い風に繋がろうとは夢にも思わなかった。

迷いながら選んだ道で今の自分に辿り着いたけど、正直後悔した選択もあったけど、その後悔でさえ今に繋がっていることを思うと間違えじゃなかったなと思える。
こんなにも振り返ったときの足跡が愛おしく思えるなんて、信じられない。

『この道が後悔に繋がっていませんように』と未来を恐れながら怖々と歩む道を選択してきた過去の自分に、間違えじゃなかったよ!色々あるけど頑張れ!って教えてあげたい気分。

追い風が吹いている。
このままこの追い風に乗って、上昇あるのみだ。

女の子市民ブログ俳優ベストテン2017

さてさて。
前回、次はアホみたいな内容にしよと予告した時点で、今回の女の子市民ブログネタは決定しておりました。
お待たせしました!
ついに!
ついにっ!!
女の子市民ブログ俳優ランキングを発表したいと思います。
え?待ってないって?笑
もう実は何年も温めていたんだけど。
温める中で色々変動もあったけど。
最近よーやく固定されてきて、これでファイナルアンサー?いえす、ファイナルアンサー!と、自問自答で決定したので、満を持して行ってみよー!
最初に言っておくが、最近わたしはおっさんが苦手で。
昔はおじさま俳優とか好きだったし、10代の頃なんかはむしろおじさまラブな節もあったけど、自分がおばさんになった今、もはや老いた男に何の魅力も感じぬ。
少し前まで好きだった、竹野内くんや江口洋介あたりでさえもう魅力を感じなくなっている。
オダギリジョーが最高ラインかな。
つまり、40歳までがボーダーラインだわ。

てなわけで、U-40のランキングとなっておりますのであしからず。

女の子市民ブログ俳優ベストテン2017
(また大幅に変動あるかもしんないから、ひとまず2017現在のランキングとする)

1.松坂桃李(28歳)88.10
ここ数年で、堂々首位に登りつめたのは、松坂桃李くん!
あ、ちなみに年齢と生まれ年&生まれ月を表記しているのは、完全に自分用メモなので、お気になさらず(笑)
松坂桃李くんに関しては、わたしの周りでは何故かすこぶる不評で、一見カッコ良さそうに見えて実はカッコ良くないとか、口元がだらしないとか、何か締まりがないとか、そりゃあもう散々な言われようですが、誰が何と言おうとわたしにはカッコイイ!
眼差しが素晴らしいんだよね。
優しさと妖艶さが同居してて、凄く魅力的。
かっこよさ、人柄、演技力。
わたしの採点基準はズバリこの3点なんだけど、もう全て文句なしで満点。
特に演技力は、日本のいちばん長い日とサイレーンとゆとりですがなにかが、全て同一人物というのがもう信じらない。
未見のMOZUの悪役も好評なので、そろそろチェックしたいと思ってる。
あと、そのうちシンケンジャー見だす恐れが十二分にある。

2.高橋一生(36歳)80.12
民王の貝原役でうなぎ登ってこの位置。
去年大フィーバーだった逃げ恥も、平匡さんは高橋一生にやって欲しかった派で、星野源フィーバーが起こる中でもずっとネチネチ言い続けてた。
(念のため言っとくけど、星野源のことは単独公演観に行った程には好きです)
しかし、叶わない現実にもう途中から諦めて、勝手に脳内で星野源を高橋一生に変換して見てましたけどね。
で、気がついたら世間も高橋一生フィーバー。
ネットで手軽に情報も得やすくなって、嬉しいけど少し複雑でもある。
高橋一生が出てる舞台、何度か観に行くチャンスあったのに逃してきた身としては、絶対今後チケット取り辛くなるじゃん…とっとと観に行っときゃ良かった…と後悔しておる。


3.瑛太(34歳)82.12
松坂桃李が首位に君臨するまでは、何やかんやでこの人が一番好きだった。
彼も役幅広くて、住友生命のCMでやってるようなちょっと冴えない役とかもバッチリはまってて好きだけど、個人的にはドラマのラッキーセブンでやってたワイルドめな役が好き!
あれはもう、瑛太を見るためだけに見てたドラマだったので、途中から姿くらませた時にはもう愕然としたよね。
次こそは次こそは!と期待を込めて見続けたけど結局最終話1つ手前くらいまでずっと出なかったよね。
あれは本当にやるせなかったわ。
あとはやはり、ファッションとか嫁のチョイスとか、彼のセンスはかなり支持してる。


4.松田翔太(31歳)85.9
彼が出始めた頃から暫くは完全に兄・龍平派だったんだけどね。
今は完全に翔太派。
陽気なギャングの時は原作でわたしが一番大好きなキャラだった天才スリ師の久遠役をやってて、かなりぎこちなくて、本気で怒りを覚えたのにね。
でも実は今も正直演技力はそこまでかな~と思ってる。
憑依するような演技ではないよね。
ちょっと滑舌が悪いのかな…そこが気になる。
ただ、その演技力を補う格別なオーラがあるので、それに魅了されまくってこの位置。
いや、魅了され過ぎやろ。


5.菅田将暉(23歳)93.2
今やもう、押しも押されもせぬ若手ナンバー1俳優と言って過言ではないよね。
確かに演技力は本当に凄い。
鬼ちゃんみたいなちょっと軽いキャラがあんなにすっとハマる人って、軽い役しか出来ないイメージが今まであったんだけど、菅田将暉の存在がそれを覆したわ。
純粋でちょっとジェンダーレスな男の子、カリスマ性ある悪者、どんなキャラでもそのキャラがすっと憑依して、彼が演るなら見てみたいかも…と思わす、信頼度が凄い。

6.生田斗真(32歳)84.10
最初ざっくりランキング書き出してみて、うーむ、誰か忘れているような…と思ったら、彼でした。
ジャニーズということで無意識に除外しちゃってたけども、生田斗真は立派に俳優枠だわ。
彼がJrの頃は所謂ジャニーズJr黄金期で、わたしも番組とか見たりしてたから昔からテレビで見てたけど、子どもの頃はイマイチだったけど大人になって見事な男前に成長したと思うので、こと生田斗真に関しては、ジャニーさんの先見の明に舌を巻くばかり。
演技力も、むちゃくちゃ上手ではないけど、安定感はあるし、少しずつ役幅広げて着実に実力を磨いている感じが好感持てる。


7.野村周平(23歳)93.11
神戸出身という時点で、贔屓ポイントだいぶ高いんだけど。
やんちゃでお調子者で憎めない感じが可愛いなぁ~と、もはや弟的な感覚で見ておる。
でも、運動神経いいし、中国語できるし、意外と高スペックなのも花丸で、きっと同世代でクラスとかに居たら、絶対好きになってる自信がある。
演技力はちょっと未熟だな…と思う時あるけど、とゆうか、ハマる役がまだちょっと少ない印象なんだけど、そこはまぁ伸びしろですな。
同世代に菅田将暉というモンスターがいるけど、そのほかの同世代俳優の中じゃ経験次第で息長い俳優になれそう。
でも今はまだ山崎賢人のが演技力は上な印象なので、取り急ぎそこ越えるのが第一難関かもな。

8.妻夫木聡(36歳)80.12
つまぶっきー!
もう彼の素晴らしさは今までにも語った気がするが、普通の役を自然体でやっちゃう偉大さが最大の武器。
もっともっと評価されていいと思うんだけどな。
でもパコとかでは割とクレイジーな役もこなしてたし、等身大の役が行きやすいから特異な役を演じきる役者に比べたら評価されにくいけど、つまぶっきーは本当に良い俳優だと思う。
今の二十代の若手では個人的に岡田将生がポストつまぶっきーかな~って思ってる。
彼も等身大の役が多いけど、悪人(あ、奇しくもつまぶっきー映画!)では結構最低な役が見事にハマってたし、演技力あると思うんだけどな。

9.窪田正孝(28歳)88.8
窪田くんはね、いい俳優だと思うけど、作品選びが最高に下手だと思っている。
まぁこれは本人じゃなくて事務所の問題かもしれないんだけど。
窪田くんの勢いが増してきたタイミングでせっかくの演技力をもっとアピールできる役をチョイスできれば良かったのに、選んだ作品がことごとく微妙で、そこが上手いこといけばもっとカリスマ性を得れたはずなのに、どーにもこーにもポテンシャルを発揮できないまま現在に至るって印象。
とりあえずデスノートはLをやって欲しかったし、映画ファンの間でまさかのマッドマックスばりのカルト的人気を誇ったハイローシリーズも、エグザイル系の人達にとってはプラス要素満載だったように思うけど窪田くんにとっては果たしてプラスだったのかはよく分からないし、唐沢寿明とやってたドラマも特に窪田くんじゃなきゃいけない役どころではなかったように思うし。
世間から窪田くんと言えばコレ!と言われるような代表作に出会えていないのが不運だなぁと思ってて、よーやく東京喰種でやってくれるか!?と思ってた矢先の清水富美加問題…いや、本当に窪田くんって運ないんじゃ…?という疑惑がわたしの中に生まれつつあるよ、まじで。
東京喰種がどうなるかは分からないけど、今後もっと知名度を決定づける役が巡ってくることを切に願う。

10.瀬戸康史(28歳)88.5
ここね、本来なら、そう、数ヶ月前なら、成宮寛貴の名が刻まれるはずだったんだけどね。
本当にいい俳優だったのに勿体無いと未だに名残惜しく思っているけど、引退してしまったものは仕方ない!ということで、繰り上がり当確は瀬戸くんになりました!
去年のドラマ「私 結婚できないんじゃなくて、しないんです」にて演じていた、フェアリー諒太郎にすっかり魅了されてしまったのもあるけど、決定打はやはり、高橋一生が可愛がっていると知ったこと。
一生様が愛でる時点で、もう自動的に好きにならざるを得ない。it's Automatic!
あと、フェアリー諒太郎以降、いくつか出演作見たけど、彼、本当に整った顔してるよね。色白で目鼻立ちハッキリして可愛いくて美しい。素晴らしい。

ジェンダー問題2017

なんか数日前から何人かの友人らと何故かジェンダー問題についてSNSで熱く意見交換し合ってて。
わたし自身特にこの問題について熱い思いを灯してきたわけでもないし、深く研究したわけでもないから、そないな知識もないんだけども。
それでもまぁ自分なりにこう思うみたいな意見は一応持ってたりはするので、ちょうど友人らと語り合ったことで気持ちがヒートしてるということもあるので、ここらで思いの丈をまとめておこうかと思う。

でもまず注意事項として最初に述べておきますが、わたしは若干、保守的…要するに右め思考です。
それを念頭に置いておいて欲しい。
つまり、考え方が左に属する方々には腹立たしい内容かもしれないのであしからず。
でも昔はどっちかというと左めだったんだけどね。
だから靖国神社問題でいくと、昔は参拝反対だったけど、今は賛成派です。
って、今回はジェンダー問題だ。

もしかしたら誤った知識で語ってる部分もあるかもしれないので、同意見でも反対意見でもどちらでもなくても、それは間違ってるよって部分があれば遠慮なくご指摘ください。
ただし、お手柔らかに(笑)

昨今、ジェンダーフリーが叫ばれて久しいですが、個人的にはズバリ、行き過ぎたジェンダーフリーはどうかと思っている派です。

もちろん、男尊女卑は排除するべき。
でも、男らしいとか女らしいまで問題とされるのはちょっと行き過ぎてるかなぁ…と。
男らしいとか女らしいって、普通に大事にすべきことだと思っている。
日本という国の秩序や文化を守るためにも、大切なことだと思う。
らしいって何?どうゆう定義?
ってなる人もいると思う。
でもそれって、可愛いって何?かっこいいって何?
美味しいとか不味いって何?
って言ってるのと同等レベルの質問に思えるんだよね。
いや厳密にいうと同等ではないかもしれないんだけど、浅さが一緒。
男らしいは男らしい。
女らしいは女らしい。
それぞれの性の魅力のひとつ。
可愛いは可愛いだし。
かっこいいはかっこいいだし。
美味しいは美味しい。
不味いは不味い。
明確な決まりはないし、人それぞれ微妙に感覚も違うし。
でも万人が共通してる部分もあるような。
どれもそうゆうキチっとした答えのないぼんやりしたものなのに、ジェンダー絡んだ途端、男らしいとか女らしいが気軽に使えないとかどうかしてる。

わたしに言わせれば『今時、男らしい女らしいとかナンセンス』って言われる風潮こそナンセンス。
世がジェンダーに敏感になり過ぎていて、どうにも使っちゃいけない言葉みたいな扱いになってることが違和感。
男と女に違いはあるものだし、互いに男らしさ女らしさに惹かれるって普通に人間の本能として自然なこと。
それに対して否定的って凄く不自然に感じる。
本来なら褒め言葉でポジティブな言葉であっていいはずなのに、強要や!って世間が目くじら立てて積極的にネガティヴにしてる気がする。
男らしくて素敵。
女らしくて素敵。
って、一種の魅力でいいやん。
感覚的に使う言葉やのにそれが駄目とか、逆に息苦しい。

あとはあれですね。
男女平等を唱える女ほど、女性専用車両やレディースデーに積極的説…笑
個人的には男と女に違いがある限り、真の男女平等は無理だと思っているので、男女の違いは認めた上で、お互いに尊敬し合える社会が一番理想だと思っています。

ただ、わたしが今、一番関心のあるジェンダー関連は、夫婦別姓問題。
結局、将来もし選択制夫婦別姓が認められたところで『女性は当然のように男性姓になるものだ』っていう固定観念は根深いと思うけど、同世代の女性がどう思っているかはとても興味深くはある。

というのも、わたし自身は元々、別姓反対派で。
やはり日本という国はそうやって成り立ってきたし、別姓が認められたら家族崩壊に拍車がかかるようになるんじゃないかと思ってて。
離婚しやすくなるし、不倫しやすくなるし(笑)
別姓にしてまで結婚するって何?
別姓にするなら事実婚でいいんじゃないの?
何か結婚に重みがなくなるというか…多分、結婚や家族が凄くカジュアルになる気がして、きっと良い部分もあるだろうけど、総合的には悪い方に向かう気がする!冗談抜きで将来は日本崩壊に繋がる!って一時期は結構過激に思ってた。

ただ、同世代の既婚女性で、会社はもちろん旧姓で通し、旧姓併記のパスポート&銀行口座を持ち、身分証明が必要なこと以外は頑なに旧姓を使い続けている人がいて、結婚式とかも当然のように旧姓で出席して、人に新住所を教える時も、旧姓のままで伝えてるらしくって。
その人が『だって元々の友達とは元々の名字で付き合い続けたい!』と言っていたのに、とても共感して以来、意見が変わった。

というのもSNSやLINEとかで、結婚したあと登録を新姓に変える派と変えない派がいるけど、実際変える派の名前見た時ちょっと悲しくなる時あるもんね。
きっと画面上の文字だからそう感じるんだろうけど、何か全然知らない人みたいに思える時ある。
いやいや、わたしが友達になった彼女は、そんな名ではない!おぬし何者!?ってなる時がある。

そんなわけで、旧姓を選びたいけど選べなくて、でも可能な限り旧姓を使っている女性がいるという実情を知って、夫婦別姓については反対派ではなくなった。
何も絶対ってわけではないんだから、せめて別姓にする選択肢はあげてもいいんじゃないかなぁと。
一時期は相当過激だったけど、まぁ結婚って家の為にするもんじゃないしね。って思えるようになりました。


いやー、それにしても久々に何か真面目に社会派な問題取扱っちゃったね。
次はアホみたいな内容にしよ。
05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
CATEGORY
SEARCH
ARCHIVES
MAIL

名前:
メール:
件名:
本文: